2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 【社会】 核兵器の廃絶に向けて論点が複雑化し、夢が遠のきました。 | トップページ | 【社会】 いまこそ戦争の愚かさと核兵器の悲惨さを発信すべき時です! »

2017年8月12日 (土)

【社会】 人命が何よりも優先して重んじられる社会であるべきです!

あらためて言うまでもありませんが、人命の尊重がすべての基本です。

あの日が今年も巡ってきました。あれから32年・・・バイトをしていたテレビ朝日の報道局で第一報を聞き、身体が震えるのを覚えながら上司に緊急事態を告げに行った日のことは、今でも脳裏に焼き付いています。

あらためて犠牲になられた方々のご冥福と、ご遺族の皆さまの平穏を心よりお祈りいたします。

●リスクマネジメントの目的は、命を守ること:

責任ある立場の人間は、自分が守るべき人々(国民、住民、社員、顧客、生徒、家族・・・等々)の命を大切に考え、リスクマネジメント(危機を減らすこと、または予防すること)の義務があります。

これまで、御巣鷹山の日航機事故を通して、利便性・経済性・安全性の観点から記事を書いてきましたが、最近はそういう言葉では語り切れない危機が様々な形で存在しています。

あまりにも、命が軽い時代に突入している・・・そう考えざるを得ない社会情勢であり、また痛ましい事件・事故が多発しています。

●命の大切さを見直そう:

・アメリカの大統領も北朝鮮の総書記も、いったい人の命を何だと思っているのか
・自動車メーカーは、アクセルとブレーキの踏み間違え事故になぜ本腰で対処しないのか
・過重労働や過酷な研修により、なぜ社員が自殺することになってしまうのか

航空機事故とは直接の関係はないものの、命よりも国家の体面、命よりも企業の利潤や体制などが優先されるといった方向性・・・命が軽んじられる傾向としては、共通した部分が多いのです。

“きれいごと”と言われようと、“机上の空論”と揶揄されようと、やはり「命が何よりも一番大切であること」を、私は所属する次のような団体を通して、講演・セミナーという形で徹底して訴えてまいります。

日本ペップトーク普及協会、プロ講師養成講座 雙志館、東京福岡県人会、東京福中福高同窓会など

161010_haneda2


【これまでにMOUが考えてきたこと】

このブログの前身である「雑記帳」の頃から、御巣鷹山の日航機墜落事故について私なりの考えや経験談を書いてきました。ご興味がございましたら、ぜひご覧ください。

<ココログ>
2016年8月12日  あの日から31年、教訓が本当に活かされているのか・・・疑問です。
2015年8月12日  あの日から30年が経過・・・何を学び、何を活かすべきか
2014年8月12日  今年は世界中で墜落事故が多発・・・あの日のことを忘れない。

<雑記帳>
2012年8月12日  御巣鷹山のこと・・・考えるべきことは山積です。
2011年8月12日  御巣鷹山のこと・・・今年は例年と違った感覚かもしれません
2010年8月12日  また、この日が巡ってきました・・・御巣鷹山のこと



ご参考:ホームページ  雑記帳(旧ブログ)のバックナンバー

« 【社会】 核兵器の廃絶に向けて論点が複雑化し、夢が遠のきました。 | トップページ | 【社会】 いまこそ戦争の愚かさと核兵器の悲惨さを発信すべき時です! »

マネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1855196/70811906

この記事へのトラックバック一覧です: 【社会】 人命が何よりも優先して重んじられる社会であるべきです!:

« 【社会】 核兵器の廃絶に向けて論点が複雑化し、夢が遠のきました。 | トップページ | 【社会】 いまこそ戦争の愚かさと核兵器の悲惨さを発信すべき時です! »