2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 【社会】 平和という衣の下から、核兵器という鎧が見えはじめました・・・。 | トップページ | 【マネジメント】 幅広く講座を開設するにつき、講師を募集します! »

2016年8月 9日 (火)

【社会】 雰囲気に流されず、ゴリ押しに抗うべき時です。

力強く相手を下すことがカッコよく評価される危険な時代へ

昨年あたりから表面化しているのですが、
・ヘイトスピーチが社会問題化
・ネットでの書き込みも、口汚く相手を罵る表現が横行
・米国大統領選挙では、移民や仮想敵国を卑下する人物が候補に
・英国では国民投票でEU離脱派が勝利するも、後から問題が山積
といったように、あたかも相手をコキ下ろすように非難することがカッコよく思え、それが世論を形成していくという風潮が、日本だけではなく世界中に蔓延しています。

【核兵器は必要ない・・・全ての論の始まり】

新しく就任した防衛大臣は「敵が攻めてきた時に、自国を守るのは当然のこと」という論と、「将来的に日本が核武装することを否定しない」という論を並列で掲げていますが、これをマスコミをはじめ突っ込みが見られないことに危険性を感じます。

専守防衛・・・これについては私も否定はしません。不可侵条約を一方的に破って相手国に攻め込み、占領した地域に居座ったままの国が現実問題としてあるわけですから、“自国を守る” という一般的な概念は必要でしょう。

しかし、専守防衛に徹するのであれば核武装は必要ありません。敵国が攻め込んで来た時に、核兵器を国内で爆発させますか? そんな馬鹿な話はないでしょう。
専守防衛以外の様々な目論見があるからこそ、核武装などという論外の考えが出てくるのです。

核兵器は必要ありません。専守防衛については、ハード面では、ミサイルの飛来を防ぐ仕組みなら現在の技術でできます。ソフト面では、外交や周辺国との連携により事前に防衛することは十分にできます。これまでやってこなかった、あるいはやろうとしていなかっただけの話です。

【これまでにMOUが考えてきたこと】

このブログの前身である「雑記帳」の頃から、核兵器や戦争については、何度も記事を掲載してきました。
この難しい時代とどのように向き合っていくべきか、私なりの考えや経験談を書いてきましたので、ご興味がございましたら、ぜひご覧ください。

<ココログ>
2016年 8月 6日  平和という衣の下から、核兵器という鎧が見え始めました・・・。
2016年 5月27日  オバマ大統領が広島を訪問、歴史が動き始めます。
2015年 8月 9日  長崎への原爆投下の日・・・無関心、諦め、言いなりは罪です!
2015年 8月 6日  戦後最大の危機的状況である今こそ、考えるべきこと
2016年 8月 9日  日本の被爆について、真剣に考えてくれた外国人がいます。
2014年 8月 6日  核兵器・・・世の中が一歩前進することを願って止みません。
2013年 8月 6日  核兵器・・・以前とは意味合いが異なっています。

<雑記帳>
2012年 8月15日  核兵器廃絶と平和に向けて、日本が発信できるメッセージ
2012年 8月 6日  原子力の平和利用は、核兵器保有と同じ覚悟が必要です
2011年 8月15日  核兵器の恐ろしさを世界に伝えるメッセージ
2011年 8月 6日  原子力をめぐる対立軸は、複雑化しています
2010年 8月15日  遠い道程かも知れないけど・・・考えるべきこと
2010年 8月10日  いきなりで恐縮ですが・・・核兵器廃絶のこと

20130806_nuclearweapon 20130806_dome



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【社会】 平和という衣の下から、核兵器という鎧が見えはじめました・・・。 | トップページ | 【マネジメント】 幅広く講座を開設するにつき、講師を募集します! »

マネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1855196/66915724

この記事へのトラックバック一覧です: 【社会】 雰囲気に流されず、ゴリ押しに抗うべき時です。:

« 【社会】 平和という衣の下から、核兵器という鎧が見えはじめました・・・。 | トップページ | 【マネジメント】 幅広く講座を開設するにつき、講師を募集します! »