2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 【マネジメント】 石の上にも3年!継続して学んだことは文化へと昇華します。 | トップページ | 【マネジメント】 横浜商工会議所のペップトーク講演会は “盛況” で “成功” でした! »

2015年10月19日 (月)

【マネジメント】 「パパとママ、どっちが好き?」「うーん、隣のおばちゃん!」みたいな話です。

「組織とは何か」を考えるよい機会に!

9月以降、土曜・日曜を含め、毎日各地を移動しての研修講師業務の連続です。そのハードなスケジュールの中で、先週、(言っちゃ悪いけど)笑ってしまうような・・・でも、企業の担当者にはお気の毒な事件(?)が発生しました。

●帰属意識・・・は死語か:

国内の某バイクメーカーの研修センターの前に、あろうことか・・・若手社員が、それも女性社員が・・・他社製のバイクで乗り付け、停めたまま研修に参加したではありませんか・・・。しかも、そのバイクとは・・・

ハーレー・ダビッドソン!

これはバイクに限ったことではなく、それがクルマであれ、コンピューターであれ、家電製品であれ、メーカーの社員さんは自社の製品に誇りをもって職務に就いているのが通常であり、他社製品を買ったり使ったり、ましてや会社に持ってくるなどとは、前代未聞のケースが多いのです。

しかし、最近は若手社員を中心に、こうした価値観が崩れつつあり、平気で他社製品を会社に持ち込む例が増えているようです。

●管理者の冷静な対応:

今回、その現場に居合わせた管理者は、その女性社員を呼んで次のように指導しました。

①個人の嗜好について
個人が何を好もうと構わない。自宅で何を買って乗ろうが構わない。

②周囲への影響について
会社の駐車場は一種の展示場であり、いろいろな人の目に付く場所である。そこに他社製品が停めてあったら・・・
★熱狂的なファンが多い我が社のお客様はガッカリするだろう。
★我が社の製品に惚れ込んで一生懸命に頑張っている社員もガッカリするだろう。

③気づかいについて
今回の行為は、お客様や仲間に対する気づかいのなさ、思いやりのなさが根底にある。あなたは、今のあなたのままでいいと思えるか?
その女性社員は、自身の思いやりの無さを感じ、ある種の危機感を抱いたようで・・・神妙にハーレーを研修センターから離れた駐車場に置きに行きました。

●組織論を出さずに組織を語る:

この管理者は、怒ることもせず、組織論を振りかざして注意をするでもなく、ただ「仲間への思いやりのなさ」を諭して、“ワイルド”な社員に組織のあり方と、その中での生き方を悟らせたのです。

おそらく、会社に逆らい、悪意を持ってハーレーに乗ってきたのであれば、別の対処をしたことでしょう。
しかし、単に配慮が足りずに好ましくない行為をしてしまった社員には、頭ごなしに「ダメじゃないか」と叱るよりは、「何が足りなかったのか」「今後は何に気をつければ良いのか」を気づかせ悟らせる方が、効果があるのです。

もっと端的に言えば、「今のあなたは、『パパとママ、どっちが好き?』と聞かれて『うーん、隣のおばちゃん!』と答えて、両親をガッカリさせる “お子ちゃま” レベルでちゅよ~」と直接は言わずに悟らせたのです。お見事ですね。


151018_harley_2



ご参考: ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【マネジメント】 石の上にも3年!継続して学んだことは文化へと昇華します。 | トップページ | 【マネジメント】 横浜商工会議所のペップトーク講演会は “盛況” で “成功” でした! »

マネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1855196/61856219

この記事へのトラックバック一覧です: 【マネジメント】 「パパとママ、どっちが好き?」「うーん、隣のおばちゃん!」みたいな話です。:

« 【マネジメント】 石の上にも3年!継続して学んだことは文化へと昇華します。 | トップページ | 【マネジメント】 横浜商工会議所のペップトーク講演会は “盛況” で “成功” でした! »