2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 【いろいろ】 山梨県は、仕事で訪れても楽しいところです。 | トップページ | 【レジャー】 シェラトン都ホテル東京・・・散歩ついでにランチで大満足! »

2015年9月20日 (日)

【マネジメント】 組織内で共通の発想、共通の言葉を持つことは、存続・発展の基礎となります。

目的・ゴール・ビジョン・目標の違いが明確になっていますか?

シルバーウィーク・・・今年はカレンダー上の休日の並び方が絶妙で、世は5連休となっていますが、私は有難くも研修業務でスタートです。

ある外資系メーカーのマネージャーを対象とした「ペップトーク+ロジカルシンキング研修」で、最近私の必殺技とも言えるプログラム構成です。
すなわち、ペップトークでポジティブな発想を培って、ロジカルシンキングで的確な問題発見・解決の手法を演習で実践的に身につけるというものです。

【共通の認識が大切】

この会社に限らず、毎回のように「目的・ゴール・ビジョン・目標とは何か」を問うのですが、これまで各グループの回答がピタッと一致することは滅多にありません。
こんな簡単な単語であっても、なかなか社内で共通の認識で語られることが少ないということなのです。

でも、それって危機的な状況を生み出しかねないことをご存知ですか?
もし、上司が目標のつもりで「来期、100億円達成!」と言った際、部下がそれを目的と受け取ったらどうなるでしょう。

何が何でも目的を達成するために、お客様に無理な提案をしたり、場合によっては嘘をついたり偽装をしたり・・・こんなことが起きかねません。いや、事実そういった事例が枚挙に暇がないのです。

【共通の言葉を持つこと】

簡単に言ってしまえば、下記のとおりです。

目的: その事業をなんのために行うのか
ゴール: どのくらいやれば、OKと言えるのか
ビジョン: ゴールに到達したとき、どのような状態になっていたいか
目標: ゴールまでに、どのような通過点を通るのか

詳しくは、拙著「ビジネス・ペップトーク “意識改革”の前に“言葉がけ改革”」(日刊工業新聞社) をご覧ください。

こうして、共通の言葉を認識した受講生は、次の単元で自社の問題点を具体的に洗い出し、原因や解決策を考える際には、驚くほどスムーズに取り組むことができるのです。

・・・ドイツ人の社長が今回の研修を視察に来られていましたが、こうした流れをご覧になって、大変満足して帰られました。
休日を返上しての大きな成果、受講生も私自身も、Good job !

150920_trump1 150920_trump2 150920_trump3

150920_trump4 150920_trump5 150920_trump6



ご参考: ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【いろいろ】 山梨県は、仕事で訪れても楽しいところです。 | トップページ | 【レジャー】 シェラトン都ホテル東京・・・散歩ついでにランチで大満足! »

マネジメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1855196/61485985

この記事へのトラックバック一覧です: 【マネジメント】 組織内で共通の発想、共通の言葉を持つことは、存続・発展の基礎となります。:

« 【いろいろ】 山梨県は、仕事で訪れても楽しいところです。 | トップページ | 【レジャー】 シェラトン都ホテル東京・・・散歩ついでにランチで大満足! »