2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

【健康】 月間・糖ちゃん日記(長寿への願い) 2015年6月

1年3ヶ月間のダイエット生活、初のリバウンド危機!

やばいよ、やばいよ(出川哲朗調)・・・体重も体脂肪も警戒水域を超えつつあるよ。なんてこったい、ここまで頑張ってきて・・・。

【気の緩みだぁ!】

たしかに一時期、体重がグーンと減って体力も落ち、担当医から「これ以上は減らさないように。ある程度は食べるように」とは言われましたよ。

あー、それを(確信犯的に)拡大解釈して、この1ヶ月はけっこう食べましたからねぇ。アルコールは相変わらず控えているし、食べるとは言っても脂っこいものは避けてはいるんですけど、やはり量が増えると・・・リバウンド傾向になってしまいます。

【糖尿病になりやすい体質!】

昨日、定期的な検査の結果を聞きに行ったところ、新しい担当医からは、

ヘモグロビン値:HbA1c 5.4%(正常値は4.6~6.2)
悪玉コレステロール値:LDL 110mg/dl(正常値は70~139)

という結果で、問題はないものの・・・付け加えで、「糖代謝の負荷試験で、糖尿病になりやすい体質であることが数字で出ています。食事と運動を、これまでのペースでしっかりと続けてください!」と、キッパリと言われてしまいました。

【再び、甲の緒を締めよ!】

もう、やるべきことは決まっています。それをきっちりと守って、再び「体重は62kg台、体脂肪は19%台をキープすること」です。

そのためには、

*カロリーを1,800kcal/日に抑える
*揚げ物は控える
*間食はしない

以上を厳守して、来月末の日記では堂々の復活宣言をいたします!


150630_health2 150630_health3

150630_health1
※表をクリックすると拡大します。



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

2015年6月29日 (月)

【マネジメント】 ポジティブな発想は、成功戦略を生み出します。

思考をポジティブにした後で、戦略やマーケティングを考える!

坂本龍馬先生は「世に生を受くるは、事を成すにあり(人がこの世に生まれてくるのは、何か事を成し遂げるためだ)」とおっしゃいましたが、私にとっての“事”とは、ブログで何度も書いてきたとおり、

①ロジカルシンキングを企業に浸透させ、日本企業の国際競争力を高めること
②ペップトークを普及させ、日本人の思考をポジティブに働かせること

この2つをバランスよく達成することです。

【ロジカル&ペップ】

最近、まさに2つの“事”を成し遂げるための練習あるいは第一歩とでも言えるような研修が続いています。

1日目:ペップトークを含む右脳型の研修
好ましくない状況をポジティブに捉え、積極的に解決に向かう発想を養う

2日目:ロジカルシンキングをベースにした左脳型の研修
問題解決のプロセスに沿って、論理的に的確な解決策を導き出す思考を養う

【目に見える成果】

このように、いきなりロジカルシンキングやマーケティングのような左脳型の研修ではなく、ポジティブな発想や言葉がけといった右脳型の研修を受けることで、2日目は驚くほど前向きで生産的なアイデアが飛び交い、成果が上がります。

①研修前のアンケート例:
・人手が足りないので、仕事がきついばかりだ
・社員の前に、上司の方にマネジメントの勉強をして欲しい
・いまの商品力では売りたくても売れない

②研修後のアンケート結果例:
・まずは自分の仕事の効率を上げ、現状でベストを尽くしたい
・上司に対し積極的に意見を言って、関係作りをしていきたい
・商品のメリット・デメリットを見直し、売るための方策を見つけたい

上記のように、明らかに“鏡に映した姿”のように、研修を受ける前後とでは仕事に対する姿勢や心構えが違います。

ぜひ、企業研修を行う際は、「戦略を考える必要があるから」「マーケティングを見直す時期だから」といった表面的な動機のみならず、どうすれば成果に結びつくかをお考えいただき、まずは2時間程度でも良いので、ペップトーク研修を最初に実施されることを強くお勧めいたします。


150629_seminar1 150629_seminar2



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

2015年6月24日 (水)

【マネジメント】 心に響く「発想変換」と「言葉がけ」とは

相手の心に響く言葉には「段階」がある!

ペップトークの基本的な考え方のひとつに「ネガティブな状況を、ポジティブに発想変換して捉える」というものがあります。

マネジメントで言えば、「ヒト・モノ・カネ」が足りないというネガティブな状況も、
 ・一人一人の活躍の場面が多い
 ・設備を使わなくても出来る方法を考えればよい
 ・スポンサーを探す機会だ(提携の輪が広がる)
このように考えることで、ポジティブな発想は広がり、組織の発展が望めます。

これまでに成功している企業なり個人は、必ずと言ってよいほど、このような発想変換をしながら活躍しています。

【心に響く・響かないの境界線】

先日、Facebookに「ホテルの朝食に出たクロワッサンが・・・固い」という不満を書いたところ、早速いろいろな書き込みをいただきました。

それはきっと、フランスパンだったんですよ!

そういう時は、ミルクに浸して食べたらいいんですよ。

日頃、美味しいクロワッサンが買えるお店に感謝しましょうね!

皆さんが私の立場だったとしたら、どの言葉が心に響きますか? 私は・・・せっかくコメントを書き込んでいただきながら申し訳ないのですが・・・①②については、何も感じませんでした。
結論を申し上げるなら、③を読んだときに、日頃の有り難い状況をあらためて思い出しながら、けっこう感動してしまいました。すなわち、心に響いたのです。

【①“状況”の変換には無理が生じがち】

①の「それはフランスパンだったんだ」と言われても、納得できる人は少ないでしょう。なぜなら・・・事実、フランスパンではないからです。

昔からよく「心頭滅却すれば火もまた涼し」などと言われますが、よほど滝にでも打たれて厳しい修行をした人でもない限り、発想変換で状況そのものを変えて思い込むのは至難の業です。

よくダイエットで「食べたつもり」「飲んだつもり」になる手法が紹介されますが、実際には食べたり飲んだりはしておらず状況は変わらないので、おそらく多くの人は挫折してリバウンドしているのではないでしょうか。

【②“行動”の変換は一歩前進】

②の「ミルクに浸したらいいですよ」というアドバイスは、なるほど納得できる部分があります。いわゆる“次善の策”というもので、美味しくないものを多少は美味しく食べられるという一定の成果を導きます。

しかし、そもそも期待していた美味なクロワッサンには程遠いため、満足度は高くはありません。

美味しい餃子を食べようと楽しみに店へ行ったら売り切れていたので、代わりに美味しいと評判の焼売を食べて、とりあえず満足した(ような気になった)というレベルでしょう。

【③“次元”の変換は効果的】

③の「日頃、美味しいクロワッサンが買えるお店に感謝しましょう」という言葉には、正直なところ「えっ、そうきましたか」と思いましたが、固いクロワッサンを食べさせられたことで、日頃の感謝すべき状況が浮かび上がった訳ですから、これは素晴らしい発想変換でしょう。

この事例は、イソップ物語の「太陽と北風」に似ていると思いませんか? 旅人のコートを脱がせるのに、北風はビュービューと吹き付けた(寒い状態は変わらない)のに対して、太陽はポカポカと温めて(状態を変えて)脱がせることに成功したのです。

不満をもらしている私に「感謝」という高い次元を思い出させてくれた友だち、寒さに凍えている旅人に「温かみ」という望しい次元を与えた太陽、共通点が見えますね。

【マネジメントへの応用】

このように見てくると、組織内で不満を持っている社員に対する好ましい言葉がけのヒントがありそうです。

「今は修行の身と思って、一生懸命頑張れ」と言うのも間違いではありませんが、これは上記①の「“状況”の変換」に近いもので、納得感は少ないでしょう。

「まずはお客様の声を集めることによって、見えてくるものはあるよ」というアドバイスは的を得ていますが、これは上記②の「“行動”の変換」に近く、見えてくるものがない場合(成果がえられない場合)は、説得力にかけます。

やはり、お勧めしたいのは上記③の「“次元”の変換」で、その社員に対して「そもそも、あなたはどうありたいのか」「どんな気持ちで今の仕事に就いているのか」をあらためて考えさせる機会にしていただきたいのです。

もっと高い次元を目指すべき自分(本来目指していた次元を忘れていた自分)に気づかせてくれた相手に対し、おそらく信頼の念や尊敬の念を抱くのではないでしょうか。
また、そうなるような人間関係をつくりを、組織の中で管理職クラスには意識していただきたいのです。


Bread



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

2015年6月 7日 (日)

【書籍】 「オーメンプロジェクト」、ありがとうございました!

Amazon の売れ筋ランキングで、ベスト10

皆さまのご協力により、6月6日午後6時を目処に開始されたオーメンプロジェクトで、一応の成果が出ました。

ビジネス交渉・心理学:     第9位
教育学一般関連書籍:   第12位...
ビジネス実用本:     第34位
本       :      第434位


以上が、午前12時の段階のランキングで、これが今回の最高位になるでしょう。
目標の第1位に達することができず、本の内容・書き方、見せ方、販売戦略など、改善点を多々見出すこととなりました。

【今後は】

企業の中でいかにペップトークを実践し、成果に結びつけていただくか・・・本質論に立ち戻って、普及活動に専念します。
また、本に書かれている事例やトークについては、この機会に皆さまにも職場で実践していただきたく存じます。

当面は、8月25日(火)の日刊工業新聞社主催「ビジネス・ペップトーク」セミナーの内容充実に取り組みます。
http://www.nikkan.co.jp/edu/semi/o150825.html

企業・団体の組織の中で、リーダーまたはリーダー的役割を求められている方は、ぜひ、ご参加ください。

【ありがとうございました】

末筆で恐縮ですが、ご協力いただいた皆さま、本当に感謝しております。今後とも、ペップトークの普及に向けてお力添えをいただきたく、よろしくお願い申し上げます。


6661_2




ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

2015年6月 3日 (水)

【書籍】 「オーメンプロジェクト」にご協力ください!

6月6日午後6時・・・ご協力ください!

今週末、6月6日の午後6時・・・666とオーメンのように6が続く、その瞬間に、新刊「ビジネス・ペップトーク “意識改革” の前に “言葉がけ改革”」を、Amazon でご購入ください!

【売れ筋ランキングで1位を狙う】

ペップトークを普及させたい、そのためには知名度・認知度を上げたい、そのためには「ペップトーク」という名称を露出させたい・・・そのような願いから、今回の企画を立ち上げました。

やるからには、ビジネス書(ビジネス交渉・心理学部門)の第1位を狙います。そのための段取りも付けてはいますが、やはり自分の動きだけではなく、皆さまのお力もいただきたいと考えています。

Amazonのページ
Amazon: ビジネス・ペップトーク “意識改革” の前に “言葉がけ改革”

【ご協力ください】

まだ本書をご購入でない、可能性にあふれる皆さま
⇒ ぜひ、この機会にご購読ください!

すでにご購入いただいた、ありがたい皆さま
⇒ ご友人やお客様への贈答用に、もう一冊!いかがでしょう

本の詳細
http://homepage3.nifty.com/urabe0607/peptalk-book.htm


すでに、ご協力を表明していただいた方々が全国で数十名単位でいらっしゃいますので、熱い週末になりそうです。
ペップトークによる日本企業の活性化、ひいては日本経済の向上に貢献できますよう、ご協力ください!


150519_book2



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »