2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

« 【レジャー】 三浦半島: 京急の『みさきまぐろきっぷ』で存分に楽しめました。 | トップページ | 【レジャー】 箱根: 富士屋ホテルは、歴史の厚みを感じる極上空間です。 »

2015年5月 4日 (月)

【レジャー】 箱根: 学生の頃から通い続ける、リフレッシュできる聖地です。

GW特集④ (5月3日) 箱根はいつ行っても癒されますね。

キング・オブ・リゾート 箱根、いまや日本が世界に誇る観光地となっており、東京から比較的近いこともあり、平日であっても多くの観光客が訪れています。

人気の理由は、富士山や芦ノ湖に代表される美しい景観、温泉施設や美術館など多種多様なレジャー施設、そして旧街道を中心に感じることのできる積み重ねられた歴史の重み・・・訪れる人の趣味嗜好や価値観に合わせて、それぞれの楽しみ方が出来る “懐の深~いリゾート” だからです。

【学生の頃から箱根マニア】

初めて訪れたのが21歳の時で、それ以来、暇さえあれば「箱根に行こう!」が口癖というか行動パターンとなっており、たぶん数十回を超えて百回単位で箱根を訪れています。

若い頃は、夜中にハッと飛び起きて、そのまま車を走らせて箱根に向かったり・・・休日の昼頃に「トイレに行きたいなあ。そうだ、芦ノ湖の遊覧船乗り場の脇に公衆トイレがあったな。あそこに行こう。」と思いつき、そのまま車を走らせて箱根に向かったり・・・ほとんどアホですな。

【今年のGWも箱根】

今年は「ビジネス・ペップトーク」の執筆で充実しながらも、心身ともに大いに疲れたのも事実で、こんな時はあれこれ考えずに箱根でしょう。GWですから混雑しない訳はないのですが、MAXの状態を外した昨日(5月3日)、行ってきました。

箱根の風景といえば、「富士山+芦ノ湖+箱根神社の鳥居」の3点セットの風景が観光パンフレットにもよく載りますが、富士山は雲に覆われて見えない時が多く、3点セットはおろか、まる一日、富士山が見えないことも珍しくはありません。

昨日は、残念ながら芦ノ湖から富士山を見ることはできませんでしたが、帰りがけ(東名高速御殿場インターに向かう途中)、富士見茶屋からごく短時間だけ顔を見せてくれた富士山をキャッチすることができました!

150503a1 150503a2 150503a3
①大観山から望む芦ノ湖 ②静寂漂う芦ノ湖畔 ③富士見茶屋から望む富士山


【箱根いろいろ】

最近は旅番組やグルメ番組で、芦ノ湖を見ながら食事のできる店が次々に紹介され・・・GWの最中は大行列で入ることができません。
しかし、箱根マニアとしては意地になって、まぁ、狙いだったお洒落なベーカリー系の店や美術館内の店はあきらめつつも、いわゆる食堂の窓際の席を確保し、名物のワカサギのフライ定食をしっかりといただきました。

箱根マニアとしての情報をひとつ。リゾートで皆さんが困るのは駐車場でしょう。満車で入れない、入れても料金が高くつく・・・んだが、しか~し、一箇所無料の駐車場(50台程度の収容規模)があるんですね。場所は書きませんが、現地で困ったら、根性を決めて探してみてください。

150503a4 150503a5 150503a6
④芦ノ湖を見ながらの昼食 ⑤芦ノ湖名物・ワカサギのフライ ⑥無料駐車場



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【レジャー】 三浦半島: 京急の『みさきまぐろきっぷ』で存分に楽しめました。 | トップページ | 【レジャー】 箱根: 富士屋ホテルは、歴史の厚みを感じる極上空間です。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【レジャー】 三浦半島: 京急の『みさきまぐろきっぷ』で存分に楽しめました。 | トップページ | 【レジャー】 箱根: 富士屋ホテルは、歴史の厚みを感じる極上空間です。 »