2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【交流】 東京福岡県人会の「つづら会(歩こう会)」は、今回も楽しく盛会です! | トップページ | 【マネジメント】 研修・セミナーの御用命につきまして »

2014年11月24日 (月)

【音楽】 同級生のプロミュージシャンのライヴ、素晴らしい友達に乾杯!

芸術の秋を締めくくるにふさわしいライヴ!

大物ミュージシャンを数多く輩出してきた博多のど真ん中に我が母校・福岡高校(通称:福高・ふっこう)はありまして、そんな環境だからでしょう、県内有数の受験校ではありながら、プロミュージシャンになる卒業生も多々いるのです。

【同級生のプロミュージシャン2人】

僕の同級生では、豊原清仁くん(ギタリスト:都はるみさんの専属バックバンドで演奏中)と長儀貴子さん(ジャズヴォーカリスト:焼酎のCMなど多方面で歌声がオンエア中)がいまして、毎年秋に特別コラボで赤坂のライヴハウスで演奏しています。

昨日は、久しぶりに二人の演奏を聴いて感動しました。やっぱり大人のミュージシャンが奏でる円熟のジャズやボサノバは、本当に心に染みます。

【貴子しゃんの温かい歌声】

ジャズ・シンガー特有の透明感のある歌声の中に、しっかりと芯が通り、かつ温かみのある声質がしっとりと曲をまとめていきます。
ほんと、貴子しゃんの歌はず~っと聴いていたいと思わせる魅力に溢れていて、CD「AMOROSO」は事あるごとに聴いています。

今回は、“Favorite Things” や “Close To You” といったスタンダードナンバーに加え、“黄昏のビギン” まで歌ってくれました。
これって、ジュリー・アンドリュース、カレンカーペンター、そして、ちあきなおみ・・・僕が好きな歌姫たちのカバーではありませんか。

なんだか、貴子しゃんが僕のために歌ってくれたような気がする・・・ただの妄想ですがね・・・高校時代は学年中の男子が憧れたお姫様でしたからねぇ。(遠くを見る目・・・)

【豊原くんの超絶テクニック】

彼は高校の頃から抜群のギター・テクニックを披露していましたから、現在プロのギタリストとしてステージに立ち続けているのも頷けます。
相方のギタリストと一緒に、クラシック・ギター1本で2時間近いステージを盛り上げていく・・・さすがはプロですが、プロの中でも巧みで表現力が半端じゃないんです。

今回は、名曲 “枯葉” に始まり、トドメはジェフ・ベックの “She's a Woman”、ビートルズの曲をベックがアレンジしたものを、さらに豊原くんがアレンジを重ね、圧巻のギター・ナンバーに仕上がっていました。

先日、Charがクラプトンの曲を弾いているのを聴いて感動しましたが、昨日はその倍以上の感動を豊原くんにもらった気がします。

【これからも】

こんなステキな同級生がいて幸せを感じますし、誇りに思いますね。これからも聴き続けたいです、ホント。

ちなみに、豊原くんは東京、貴子しゃんは博多を活動の拠点としていますので、お近くの方は、ぜひライヴに足をお運びください。幸せの詰まった時間を過ごせること、請け合いです!

追伸:
終了後に記念撮影をしましたが、なんだか僕が主催者みたいに写っていて・・・すんまっしぇん・・・。


141124_live1 141124_live2

141124_live3 141124_live4

141124_live5_2



ご参考:ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【交流】 東京福岡県人会の「つづら会(歩こう会)」は、今回も楽しく盛会です! | トップページ | 【マネジメント】 研修・セミナーの御用命につきまして »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【交流】 東京福岡県人会の「つづら会(歩こう会)」は、今回も楽しく盛会です! | トップページ | 【マネジメント】 研修・セミナーの御用命につきまして »