2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 【健康】 糖ちゃん日記(長寿への願い) 第23回 | トップページ | 【マネジメント】 毎年恒例、怒涛の秋の陣が始まりました。 »

2014年8月24日 (日)

【品川だより】 龍馬先生にご挨拶! 明治維新は品川から始まったんぜよ!

品川の坂本龍馬像に会いに行きました。

※動画もあわせてご覧ください。 ⇒ 品川だより: 龍馬先生にご挨拶!

わざわざ土佐まで行かなくても、坂本龍馬先生に会えるんですね。なぜなら、品川区の立会川という街に「坂本龍馬像」があるからです。

土佐藩の下屋敷が立会川にあり、江戸で剣術修行をしていた若き日の坂本龍馬が対異国船警固のため頻繁に出入りしたことから、龍馬ゆかりの地として銅像を建てたという経緯があるのです。(下記、銅像脇の碑の文面をご参照ください。)

龍馬が世界と出会ったまち品川

ペリーが初めて来航した嘉永六年(1853年)、十九歳の坂本龍馬は藩からの許可を得て江戸で剣術修行中でした。
土佐藩は立会川河口付近にあった下屋敷(今の品川区東大井)警備のため、江戸詰めの武士を動員し、龍馬もその中に加わりました。
同年九月には「異国船処々来たり候へば、軍(いくさ)も近き内と存じ奉り候、其節は異国の首を打取り・・」と、父親に手紙を書いています。
品川での異国船警固から、龍馬の幕末は出発したのです。


坂本龍馬のファンであり、龍馬を題材にしたDVDや電子書籍を世に出している私としては、品川区の住民となったからには、龍馬先生の銅像へ挨拶に訪れるのは当然のことでしょう。

さあ、龍馬先生のお膝元で、和製ロジカルシンキングとペップトークを駆使して、日本企業のさらなる国際競争力の強化という “維新” を起こすぜよ!


Ryoma1 Ryoma2 Ryoma3

Ryoma4 Ryoma5



ご参考: ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【健康】 糖ちゃん日記(長寿への願い) 第23回 | トップページ | 【マネジメント】 毎年恒例、怒涛の秋の陣が始まりました。 »

品川だより」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1855196/57151670

この記事へのトラックバック一覧です: 【品川だより】 龍馬先生にご挨拶! 明治維新は品川から始まったんぜよ!:

« 【健康】 糖ちゃん日記(長寿への願い) 第23回 | トップページ | 【マネジメント】 毎年恒例、怒涛の秋の陣が始まりました。 »