2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【健康】 糖ちゃん日記(長寿への願い) 第21回 | トップページ | 【社会】 今年は世界中で墜落事故が多発・・・あの日のことを忘れない。 »

2014年8月 9日 (土)

【社会】 日本の被爆について、真剣に考えてくれた外国人がいます。

遠い国で、日本の被爆が真剣に語られている

今日、8月9日は69年前に長崎に原爆が投下された日です。日本では、既にこの日を思い出すことすらしない人々が増えていますが・・・日本の被爆について真剣に考えてくれた外国人がいることを忘れてはなりません。

【チェ・ゲバラの広島訪問】

チェ・ゲバラという人物については、ご存知の方も多いと思います。カストロと共にキューバ革命を成功に導いた立役者であり、歴史上有名な革命家です。

そんな彼が、1959年7月に周囲の反対を押し切って広島を訪れ、原爆資料館を視察し慰霊碑に献花しているのです。
その際、彼は「日本はアメリカからこんな目に遭わされていながら、言いなりになるつもりか」と発言したといわれています。

【キューバでの教育】

キューバに戻った彼はカストロに進言し、初等教育の教科書に数ページにわたり日本の被爆に関する記述を載せさせました。

その結果、キューバでは日本でいう小学生や中学生に「8月6日、9日は何の日か?」と質問すると、多くの子が「日本に原爆が落とされた日」と答えるそうです。


この話を聞いて、私を含め日本の大人たちは、一体これまで何をしてきたのか・・・猛省しなければなりません。


CheHigh.jpg  



ご参考: ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【健康】 糖ちゃん日記(長寿への願い) 第21回 | トップページ | 【社会】 今年は世界中で墜落事故が多発・・・あの日のことを忘れない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【健康】 糖ちゃん日記(長寿への願い) 第21回 | トップページ | 【社会】 今年は世界中で墜落事故が多発・・・あの日のことを忘れない。 »