2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【動画解説】 ダイエットと企業経営の共通点(前編) | トップページ | 【動画解説】 質と量、どちらが先か? »

2014年7月14日 (月)

【スポーツ】 ワールドカップ、ドイツが24年ぶりの優勝、おめでとう!

これぞワールドカップの決勝戦、熱くて高レベル!

最後の最後まで魅せてくれましたね。2014年、FIFAワールドカップ・ブラジル大会の決勝戦は、これまでの激闘を制してきたドイツvsアルゼンチン・・・延長戦にもつれ込む大接戦で、延長後半8分に途中出場のドイツFWマリオ・ゲッツェがアルゼンチンの一瞬のスキを突いて技ありのゴ~ル!

【記憶に残る激闘の連続】

今大会は、本当に激闘・死闘の連続でした。特に、決勝トーナメントに進んでからの延長戦・PK合戦の多さは、既にこのブログでも書いてきました。

得点王は、コロンビアのハメス・ロドリゲスの6得点・・・コロンビアは準々決勝で敗れましたので、すなわち、準決勝と決勝で得点王を狙える位置にいたドイツのミュラーやアルゼンチンのメッシといった、歴史的スーパースターたちが得点できていないのです。

【堅い守りも面白い】

では、彼らのプレーがお粗末だったかというと逆で、渾身のプレーを相手方のディフェンスがガッチリとブロックし、絶対に得点を許さないという「気迫」と、集中力に裏打ちされた「技」とが高レベルで融合した結果なのです。

こうした「良い意味での、守りの堅い試合」は観ていてシビレますし、派手なゴール合戦とは違った面白さを満喫できます。

【さあ、4年後に向けて】

レベルの差はありますが、ブラジルと日本の課題は共通しています。すなわち「裸の王様」状態で、本当の中身が伴っていなかったことです。

一部のスター選手に頼ることなく、今大会のドイツのように、複数のフォーメーションや戦法に選手全員が即対応できるような組織力を高めなければなりません。

ドイツだって、2000年に入った頃に低迷を迎え、危機感のもとに一丸となって力量アップしてきたのです。
次回のロシア大会では、復活した王者ブラジル、そして清武選手ら若手を中心とした我らがサムライ・ブルー達が存分に活躍する姿を見たいものです!


140714_germany



ご参考: ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【動画解説】 ダイエットと企業経営の共通点(前編) | トップページ | 【動画解説】 質と量、どちらが先か? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【動画解説】 ダイエットと企業経営の共通点(前編) | トップページ | 【動画解説】 質と量、どちらが先か? »