2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 【社会】 中国の食肉工場での偽装事件・・・本気のリスクマネジメントが求められます。 | トップページ | 【いろいろ】 今月も晦日は長崎で迎えます。明日からは新境地の8月です。 »

2014年7月30日 (水)

【マネジメント】 守破離について・・・型に入り、型より出よ!(中編)

基本を身に付けることの難しさと落とし穴

※ご参考:前編もご覧ください。
  ⇒ 守破離について・・・型に入り、型より出よ!(前編)

前編では、能力向上や自己啓発で「成果」を出すためには、まずは「守」を重視して基本を身に付けることの大切さを書きました。
中編では、実際に「守」を行う上での難しさについて、私がコンサルティングや研修で感じたことに触れます。

【前提として知っておきたいこと】

「守」を重視すること、すなわち基本を身につけることは大切ですが、これがなかなか優しいようで難しいことです。
私の体験や周囲の人々の事例を考えていくと、その難しさには2つの種類(方向性)があるように感じます。

基本が身に付くまでに時間と労力がかかるため挫折しやすい

頭では分かっているが、それが体現しにくい(頭での理解で終わる)

基本が身に付かないと、アマチュアのレベルであれ、ましてやプロのレベルでは成果が出にくいため、何とかしたいと頑張るものの・・・時間と労力の負担に抗しきれず挫折することも多いでしょう。

だからこそ、上級者の技を直接見たり聞いたり、研修に出て勉強したりするのですが、頭では理解できても、実際にやってみると芽が出ない・・・指導者(先生や上司など)も、「なぜ、できないんだ」「こんな風にやってみろ」と急かすばかりで、ますます挫折に拍車をかけるケースも多々見受けます。

【私の体験】

私の体験ですが、トランペットを始めた頃、ブラスバンドの顧問の先生から徹底してマウスピースでの “退屈な” ロングトーンを毎日毎日、繰り返し繰り返し吹かされました。
楽器本体を使わない練習なので、面白くもなんともありません。挫折しかかったとき・・・先生から「おっ、そうそう、それだ。今日から正式にトランペットのメンバーになれ」と言われました。

社会人になった最初の頃、営業を “やらされ”、毎日のように30件以上の飛び込み訪問したり、300件に及ぶ営業電話をかけ続けました。
現在、コンサルタントとして指導的立場になりましたが、営業力が伸びない人や挫折した方々から「占部講師の体験談が一番役に立った」「そこまでやって、はじめてモノになることに気づいた」と言われることが多いのです。

140730_shuhari1   140730_shuhari2


【 “守” を勘違いする人の特徴】

基本を身につける段階で勘違いが起こることも多々あります。前述の①②をベースに考えると次のケースがあり得ます。

①に対し⇒ 基本をナメていて、時間も労力もかからないと思い込んでいる

②に対し⇒ 頭での理解や、本物を見聞きした感動のみで自己満足してる

基本をナメている人は、一度痛い目に遭っていただくしか解決の方向性はないと思いますが、問題は②のケースです。
なぜなら、自分が自己満足で終わっていることに気づいていないケースが多いからです。

皆さんの中に、研修や勉強会に参加することが「目的」になっている方はいらっしゃいませんか?
あるいは、ブログやFacebookに、感動的な話や偉人の格言を単に掲載しているだけの方はいらっしゃいませんか?

ぜひ一度、研修や勉強会で習得したことを「どのように活かしたか」「どのように行動・活動に結びつけたか」を振り返ってみてください。
また、感動話や格言が「どのように自分に役立ち」、「どのように行動・活動に結びついたか」を振り返ってみてください。

もし、あなたが守破離の「破」や「離」の段階にある人であれば、人々の啓発のために感動話や格言を、そのままどんどん知らしめてください。
しかし、「守」の段階にあるのであれば、もっと「行動や活動」、そして「成果」を意識していただきたいのです。

【どうしたら “守” ができるか】

私もトランペットにしろ営業にしろ、最初の段階ではナメていましたが、ナメている間は成果は出ませんでした。一時的な収穫はあっても、決して長続きはしません。
また、ニニ・ロッソ(世界的なトランペッター)の公演で感動しても、営業成績の良い先輩と同行して感銘を受けても、それだけでは芳しい成果は出ませんでした。

感動や感銘の向こう側に、「守」を行うこと、すなわち基本を身につけるためのポイントがありそうです。この点については、「後編」で詳しく述べたいと思います。


140707_shuhari



ご参考: ホームページ  雑記帳のバックナンバー

« 【社会】 中国の食肉工場での偽装事件・・・本気のリスクマネジメントが求められます。 | トップページ | 【いろいろ】 今月も晦日は長崎で迎えます。明日からは新境地の8月です。 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1855196/56643210

この記事へのトラックバック一覧です: 【マネジメント】 守破離について・・・型に入り、型より出よ!(中編):

« 【社会】 中国の食肉工場での偽装事件・・・本気のリスクマネジメントが求められます。 | トップページ | 【いろいろ】 今月も晦日は長崎で迎えます。明日からは新境地の8月です。 »