2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【社会】 あれから3年、記憶を風化させてはなりません。 | トップページ | 【いろいろ】 東京に出てきて32年・・・11回目の引越しをします。 »

2014年3月18日 (火)

【社会】 論点のズレた議論、ましてや個人攻撃は非常に危険です。

何が問題であるのか?

世紀の大発見と報道されたSTAP細胞に関する論文について、これをチームリーダーとして中心的に執筆した小保方さん(理科学研究所)に対して不正疑惑が持ち上がり、大騒動になっている件に触れます。

【コピペは根本的な問題ではない】

マスコミ報道やネットへの書き込みでは、小保方さんが「コピペ(コピーペースト、貼り付け)」や「画像転用」したことについて “未熟である”、 “倫理観に欠ける” といった非難が殺到しています。

しかし、これは全くの勘違いです。科学の世界では、過去の他者の研究成果を引用し、「今回の自分の研究は、ここが違う・・・ここが進展している」と論文に書くことは普通に行われており、過去の研究の上書きを繰り返していくことで発展してきたのです。

問題なのは、コピペや画像転用したときは「出典を明らかにする」「引用元を明記する」という論文作成のルールがあり、この点において小保方さんはミスを犯したのであり、未熟であった訳で、彼女も大いに反省すべきです。

【似ているようで違う問題】

小保方さんを個人攻撃している一部のマスコミやネットへの書き込みのように、コピペ自体に問題があるのであれば、今後の科学分野において、論文を書くことが窮屈になり科学の進歩を遅らしめることにもつながりかねません。

出典や引用について配慮が足りなかったことが問題であれば、“倫理観”といった抽象論にすり替えることなく、罰則付きのルールを定めて業界内(もしくは組織内)で徹底すれば良いのです。

【個人の問題、組織の問題】

理科学研究所の記者会見を見る限り、今回の騒動を小保方さん個人の資質や倫理観に原因があったということで幕引きしようとしているように見えます。

しかし、前述のように小保方さんのミスはルールを徹底することで解消できますし、彼女への教育指導という形で解決します。
もっと根が深い問題は、ここまで批判が殺到するような論文を、Check・Action(評価・是正)する機能が働いていなかったことで、さらには、その点を有耶無耶にしようとしていることです。

今回の騒動を機に、科学の分野においてマネジメント的な運用を強化しない限り、また同様の問題が起きるであろうことは火を見るより明らかです。

【それにしても、見苦しい書き込み】

インターネットのあちらこちらで小保方さんに対する個人攻撃の書き込みが(下掲のように)見られますが、こういう書き込みをする人は、

①マスコミの不見識に満ちた記事を疑うことなく自分の脳ミソに“コピペ”していること
②よく検証することなく自分の不見識をネット上に“コピペ”していること

ということに早く気づいてください。


(↓個人攻撃の典型的な実例↓)

可哀想な方ですね。
哀れの一言。
コピペで人生が終わったも同然。
いくらお勉強が出来てもね、人間としては最低。
多いよねこの種の人種。
高学歴でおバカな奴。


STAP細胞が実在するかどうかも論点になっていますが、科学の進歩は失敗を繰り返しながら、ひとつひとつの可能性を検証しながら積み重ねられてきたのです。重要な研究成果ほど、もっと長期的な視点で見守るべきでしょう。
小保方さんには、騒動が一段落ついたらぜひリベンジしてもらいたいものです。こんなことで優秀な科学者と偉大な研究成果が葬り去られるのは間違っています。

 

« 【社会】 あれから3年、記憶を風化させてはなりません。 | トップページ | 【いろいろ】 東京に出てきて32年・・・11回目の引越しをします。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【社会】 あれから3年、記憶を風化させてはなりません。 | トップページ | 【いろいろ】 東京に出てきて32年・・・11回目の引越しをします。 »