2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【歴史】 国宝「飛雲閣」の中で、お斎(おとき:精進料理)をいただきました。 | トップページ | 【総括】 今年もいろいろありましたが、来年に向けて »

2013年12月29日 (日)

【いろいろ】 福岡で、“ふく” を満喫しました

●福岡では“ふぐ”ではなく“ふく”

昨日から福岡に帰省しています。「食の帝国・福岡」ですから、食べるものに関しては、いろいろ楽しみはありますが、なかでもアラ、フグ、ブリにに代表される海の幸を筆頭に挙げたいですね。

今回は親戚が集まって、“ふく”をたらふく食べて堪能しました。福岡では、「河豚(ふぐ)」を「ふく」と呼び、縁起が良く、かつ美味しい海の幸の代表としています。

“ふく”の楽しみ方はいろいろありま。すが、個人的には「ひれ酒」が世の中に存在する全ての酒の中で一番美味しいと思っています。
あのヒレの香ばしさが独特のコクを生む味わい・・・一杯飲んだら、もう止まりません。いくらでも飲めます。

そして、皿の柄が透けて見える「ふぐ刺し」・・・これは「ひれ酒」のおつまみとして最適です。くにゅくにゅの食感がたまりませんな。

締めは、当然ながら「ふく雑炊」であり、トラふくをまる一匹使った“ふく料理”を最後まで楽しみ、来年に向けて鋭気を養ったのでした。


1229_fukusashi_2 1229_hiresake 1229_fukuzosui_2

ご参考: ホームページ 雑記帳のバックナンバー

« 【歴史】 国宝「飛雲閣」の中で、お斎(おとき:精進料理)をいただきました。 | トップページ | 【総括】 今年もいろいろありましたが、来年に向けて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【いろいろ】 福岡で、“ふく” を満喫しました:

« 【歴史】 国宝「飛雲閣」の中で、お斎(おとき:精進料理)をいただきました。 | トップページ | 【総括】 今年もいろいろありましたが、来年に向けて »