2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 【いろいろ】 富士山を高速で走る新幹線の車窓から撮影・・・会心の出来です! | トップページ | 【いろいろ】 福岡で、“ふく” を満喫しました »

2013年12月23日 (月)

【歴史】 国宝「飛雲閣」の中で、お斎(おとき:精進料理)をいただきました。

●国宝「飛雲閣」

京都の西本願寺で、母の百箇日法要を執り行い、
その際、特別に国宝「飛雲閣」の中で御斎(おとき:精進料理)をいただきました。

「飛雲閣」は、豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部を移築したもので、金閣・銀閣と並ぶ“京都三大閣”と称されます。


写真上段の右をご覧ください。写真奥の少し高くなったところは秀吉の席で、右奥は天皇が御幸された際の玉座です。

歴史マニアにとっては、そこに居るだけで至福のひと時でした。

1221_hiunkaku 1221_gyokuza

●国宝・重要文化財のオンパレード

とにかく西本願寺の敷地内は国宝・重要文化財だらけで、歴史の深さ・重みに圧倒されます。

本堂である「阿弥陀堂」も重要文化財で、内部は驚くほど広く、また普通の寺院とは段違いに荘厳な雰囲気が漂います。

写真下段の「唐門」は国宝であり、ここは歴史上、天皇のみが通る門でした。現在は、天皇が一宗教法人を訪れることはありませんので、歴史的建造物として保存されています。

1221_honden 1221_hondoh

1221_karamon_2 1221_masataka

歴史的建造物の話ばかり書きましたが、こうした場所で母の法要ができて良かったと思いますし、きっと母が連れて来てくれたんだろうと家族一同、感謝しています。



ご参考: ホームページ 雑記帳のバックナンバー

« 【いろいろ】 富士山を高速で走る新幹線の車窓から撮影・・・会心の出来です! | トップページ | 【いろいろ】 福岡で、“ふく” を満喫しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【いろいろ】 富士山を高速で走る新幹線の車窓から撮影・・・会心の出来です! | トップページ | 【いろいろ】 福岡で、“ふく” を満喫しました »